ツンデレお嬢様と大きな財産


ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズ / ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの旅行記シリーズ
文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイドシリーズ / 短編・掌編小説集 しあわせランチボックスシリーズ
特典〔懐かしのゲームブック〕シリーズ / トラベルゲームブックシリーズ / 情報新聞 そよ風通信
そよ風文芸食堂目録シリーズ / 東京特別区 コミュニティバス路線図 / 都区内駐在所地図
東京北多摩コミュニティバス路線図 / 東京特別区&北多摩コミュニティバス路線図
119文字で綴る小さな旅行記シリーズ
出版物表紙一覧 / 旅のフォトアルバム / イラストコーナー / 作品紹介動画コーナー / リンク集 / そよ風文芸食堂の歴史
本店メニュー / 立ち読みコーナー(一覧) / ホーム

 

ツンデレお嬢様と大きな財産


【概要】

 

 ライトノベル・ゲームブック・旅ガイドが一体となった、トラベルゲームブックシリーズの第1作。

 システムはゲームブックだが、各地の観光情報やちょっとした旅情報をエピソードとして挿入。旅行記のテイストを残しつつ、さらに小説の雰囲気を強めた作品である。
 自由度の高い物語構成で、マルチエンディング方式を採用している。

 主人公(丹野克也)がヒロイン(富津令愛)の遺産相続騒動に巻き込まれ、東京→稚内を共に旅することとなる。

 パラグラフ数435、スタートからゴールまでの経路だけで2120通り。そのほか、各経由地での選択肢もある。
 使用できる交通機関は、新幹線・在来線(特急/夜行/普通)・フェリー・高速バス・飛行機など。

サイズ

A5版

書式

右開き・2段組・縦書き

本文・付録モノクロ/

表紙フルカラー

ページ数

176ページ

パラグラフ数

435

価格

800円(初版のみ700円)

著作

水車 渓谷

協力

N.Y.S

編集人

湯浅 祥司

発行人

湯浅 祥司

発行所

そよ風文芸食堂

初版発行日
(イベント名)

2013年4月14日
(第十六回文学フリマin大阪)

     

 キャッチコピーは『一つひとつの選択が、無数の未来を紡ぎ出す……』。

発行履歴】

 

初版第一刷

2013年4月14日(第十六回文学フリマin大阪)

 

 

第二版第一刷 2013年11月4日(第十七回文学フリマ) 仕様・価格などを変更
       

【あらすじ

 高校生の丹野克也は、祖父の親友である富津剛健から『あるものを運ぶ』というバイトをするよう頼まれる。剛健は有名な大企業の創業者で、克也も幼いころに面識があったという(ただし、幼かったため彼に当時の明確な記憶はない)。

 その『あるもの』とは、剛健の孫娘である令愛だった。剛健が亡くなった以後に会社の経営権を巡って争いが起きないようにするため、今のうちに後継者を決めておきたいというのだ。

 そこで令愛とその妹の舞華に東京→稚内の競争をさせ、勝った方を後継者として指名するらしい。克也はその競争において、令愛をサポートするパートナーに選ばれたのだった。

 ちなみに舞華のパートナーは、姉妹の遠縁に当たる知多智史。穏やかな物腰で落ち着きのある人物だ。

 

 ――果たして、克也と令愛の旅の最後には何が待っているのだろうか?


 

立ち読みコーナーは

こちらをクリック

 

 

その他、制作上のエピソードなど】

自由度の高い物語構成&マルチエンディング方式なので、作業量が膨大である。そのため、頻繁に新刊は制作できない(と、思います……)。

作者は絵を描くのが苦手だが、表紙イラストを描いていただける方がいないので自分で描いた。

シークレットエンドへ到達するのはかなり難しいです。そのため、当ホームページでヒントを公開するかもしれません。現在、検討中です。

ある企画が進行中。実現するかは分かりませんが……。