そよ風文芸食堂の歴史


ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズ / ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの旅行記シリーズ
文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイドシリーズ / 短編・掌編小説集 しあわせランチボックスシリーズ
特典〔懐かしのゲームブック〕シリーズ / トラベルゲームブックシリーズ / 情報新聞 そよ風通信
そよ風文芸食堂目録シリーズ / 東京特別区 コミュニティバス路線図 / 都区内駐在所地図
東京北多摩コミュニティバス路線図 / 東京特別区&北多摩コミュニティバス路線図
119文字で綴る小さな旅行記シリーズ
出版物表紙一覧 / 旅のフォトアルバム / イラストコーナー / 作品紹介動画コーナー / リンク集 / そよ風文芸食堂の歴史
本店メニュー / 立ち読みコーナー(一覧) / ホーム

 


 

【概要】

 そよ風文芸食堂は主に文学フリマで活動している文学系同人誌制作サークル。制作している作品は、少し変わった旅行記(自虐的、エッチでおバカ、おバカでほのぼのなど)・ほのぼの系青春小説ガイドブック情報新聞ゲームブックなど多岐にわたる。

 メンバーは代表の湯浅祥司、小説執筆担当の水車渓谷、小説執筆や校正担当のNYS(詳細はメンバー紹介をご覧ください)。

 

 2008511日(日)に東京・千代田区(秋葉原)の東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎・第1.2展示室にて開催された『春の文学フリマ2008』より活動開始。初出展作品は短編・掌編小説集『しあわせランチボックス・第一食』。

 

 出展しているイベントは文学フリマのみで、第二十四回文学フリマ東京の時点で16回連続17回出展。
 現在の主力作品は、鉄道やバスなどを使って旅をする『旅行記シリーズ』で、最近は日常の中にある非日常を見つけたり、ほのぼの系の旅をしたりする傾向にある。

 

 20178月現在、旅行記2シリーズ24作品、ほのぼの系短編・掌編小説集3作品、ガイドブック8作品、情報新聞17作品、目録6作品、ゲームブック6作品、路線図が4作品、小旅行記1作品発表されている。
 各作品の詳細はコンテンツ総合案内のページを参照。

 

 

 

 2016年11月1日、世界一の観光都市を目指す東京都の取り組みに賛同し、そよ風文芸食堂は『東京ブランドアクションパートナー』に登録。今まで以上に東京の魅力を発信していく。
 東京ブランドついては、こちらを参照。

 

世界に誇れる東京の『人々の温かさ』『素敵な景色』『穏やかな日常』など、
たくさんの魅力を発信します。

そよ風文芸食堂は世界一の観光都市を目指す東京都の取り組みに賛同し、
東京ブランドアクションパートナーとして登録しました。

 

 

 

〈メディアへの掲載・出演〉

 

●2011年11月22日(火)、イベント『ゆるい専門家ナイト5』にて、23区区役所旅行専門家として登壇。徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記を紹介した。

 詳細は以下にある【歴史】の『ゆるい専門家ナイト5』を参照。

 

●2014年6月25日(水)、雑誌(ラジオライフ7月号)で湯浅祥司と『そよ風文芸食堂』が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『雑誌への掲載(超越大陸)』を参照。
 

●同年12月22日(月)にはニュース記事(Excite Bit コネタ)で湯浅祥司と東京21区81路線!コミュニティバス旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『ニュース記事への掲載 (Excite Bit コネタ)を参照。

 

●2015年1月14日(水)、文化放送『福井謙二 グッモニ』内のコーナー『グッモニ文化部 エンタメいまのうち』で、湯浅祥司と東京21区81路線!コミュニティバス旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『ラジオ番組出演(福井謙二のグッモニ)』を参照。

 

●2015年5月3日(日)、ニュース記事(みんなの経済新聞・みんなの小ネタ)で私鉄と路線バスで行く1都5県渡船旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『ニュース記事への掲載(みんなの経済新聞・みんなの小ネタ)』を参照。

 

●2015年6月4日(木)、文化放送『くにまるジャパン』内のコーナー『ディスカバー・ジャパン おもしろ人間国宝』で、湯浅祥司と東京21区81路線!コミュニティバス旅行記など数種類の旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『ラジオ番組出演(くにまるジャパン)』を参照。

 

●2015年7月14日(火)、新聞記事(東京新聞〈一般紙〉・TOKYO発)で湯浅祥司と東京21区81路線!コミュニティバス旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『新聞記事への掲載(東京新聞・TOKYO発)』を参照。

 

●2015年8月31日(月)、テレビ東京『なないろ日和』内のコーナー『なないろツアー』で、コミュニティバスを使った旅の案内役として湯浅祥司が出演。東京21区81路線!コミュニティバス旅行記が紹介された。

 ご案内させていただいたのは、タレントのドロンズ石本さん。

 詳細は以下にある【歴史】の『テレビ番組出演(なないろ日和)』を参照。

 

●2015年10月15日(木)、テレビ東京『なないろ日和』内のコーナー『なないろツアー』で、コミュニティバスを使った旅の案内役として湯浅祥司が出演。東京21区81路線!コミュニティバス旅行記が紹介された。

 ご案内させていただいたのは、タレントのドロンズ石本さん。

 詳細は以下にある【歴史】の『テレビ番組出演(なないろ日和/2回目)』を参照。

 

●2015年10月20日(火)、FMヨコハマ『E-ne!』で、湯浅祥司と東京21区81路線!コミュニティバス旅行記など数種類の旅行記が紹介された。

 詳細は以下にある【歴史】の『ラジオ番組出演(E-ne!)』を参照。

 

 

【過去のイベント出展参加履歴一覧】

春の文学フリマ2008第九回文学フリマ第十回文学フリマ第十一回文学フリマ第十二回文学フリマ第十三回文学フリマゆるい専門家ナイト5第十四回文学フリマ第十五回文学フリマ第十六回文学フリマin大阪 第十七回文学フリマ / 第十八回文学フリマ / 第19回島村渡船フェスタ / 第十九回文学フリマ / 第二十回文学フリマ東京 / 第二十一回文学フリマ東京 / 第二十二回文学フリマ東京 / 第二十三回文学フリマ東京 / 第二十四回文学フリマ東京 / コミックマーケット92

 

【今後のイベント出展予定】

未定

 


 

【メンバー紹介】

『湯浅 祥司』

 旅人・クリエイター。文芸サークル『そよ風文芸食堂』代表。

 そよ風文芸食堂における出版物の執筆・写真撮影・取材・イラスト・編集・デザイン・製本・営業・宣伝・売り子などを担当している。

『水車 渓谷』

 小説執筆担当。パシリ。

『N.Y.S』

 小説執筆と旅系作品の監修担当。

 


 

【発行している旅行記のコンセプト・三本柱】

●日常の姿を後世に残す

 いつもそこにある『日常』の風景や情報。あるのが当たり前だからこそ、そうしたものはなかなか記録を残そうとしません。また、素敵な何かがあるのに、それに気付きにくい。

 でもそうしたことは、実際になくなってみないと気が付かないものです。そして、なくなってから後悔しても遅いのです。

 広く知れ渡っている情報は多く残りますが、マイナーな情報はどうしても残りにくい。
 一方、電磁媒体では新しい情報がどんどん上書きされていくので、古い情報はそのまま消滅してしまうということもよくあります。

 また、今は重要度の高くない情報でも、未来のある時点では過去の時代(つまり私たちの生きている時代)を知る上で重要になるということもよくあります。

 だからこそ、私は日常の姿や日常の何気ない情報を数十年後、数百年後へ残すということを意識した旅行記を企画・制作しています。
 発行した旅行記は国会図書館へ納本していますので、いつか誰かに必要とされる日まで残ることでしょう。

 

●『やろうと思えば誰でもやれるけど、普通はやらない』という旅をする

 豪華な列車に乗ったり、グルメなお店を回ったり。でもそれはみんながやっています。つまりそうした旅は、私以外の多くの人が未来へ情報を残してくれます。

 だったら私はみんながやらないような旅をして、マイナーな情報を残すという役割を担った方が世の中にとってプラスになります。

 とはいえ、財力も体力も時間もない私にできることなんて限られています。でもそれは逆に言えば、普通の人にできることは私にもできるであろうということ。
 その条件の中で旅をするなら、面倒くさいことやおバカな設定の『やろうと思えば誰でもやれるけど、普通はやらない』という旅を企画すればいいのです。

 交通機関が発達している東京都心で徒歩の旅、夜行列車だけの旅、渡船を全て巡る、バスだけで旅をする、関東にあるアメリカの地名と同じ場所を巡る――。

 そうしたちょっと変わった旅をしています。こうして『変わっ旅研究家』の湯浅祥司となりました。

 

●旅先での出会いを主体に

 旅をしていると、たくさんの発見や人との出会いがあります。だからこそ同じ経路で旅をしたとしても、旅の内容は決して同じになりません。その瞬間、その状況などによって刻一刻と全てが変化するからです。

 私の旅ではこんな発見や出会いがありました――というのは、私の旅行記だけにしかない『オンリーワン』です。
 だからそうしたことを主体とした本文の構成を心がけています。

 皆様に旅行記をご覧いただき、興味を持ってそこへ行きたいと感じていただけたら嬉しいです。そして皆様には皆様だけの発見や出会いをしてほしい。
 その旅立ちのきっかけになれたらいいなと思っています。

 


 

【歴史】

『サークル活動開始前』

 文学フリマとの出会い、そして出展を決意した理由

 知り合いに誘われ、秋葉原で開催されていた『第五回文学フリマ』に一般参加。その時に見て回った一部のブースで、声をかけても反応が鈍い売り子の方や、顔に「話しかけるな」と書いてあるような気さえする方と出会う事となる。疎外感を感じ、その場に居づらくなってしまった。

 本の作者と読者が交流出来るという素晴らしい場なのに、こんな雰囲気では寂しい。同じように思った一般参加の方が参加する意欲を失い、交流の機会を自ら放棄してしまうかもしれない。

 それならば自分が出展者として参加し、誰でも気軽に立ち寄って、気軽に立ち読みして、気軽に会話が出来るようなブースを出そう。そう決意するに至る。

 このため、文学フリマカタログにおける『そよ風文芸食堂』の紹介文には『冷やかし大歓迎。ぜひお立ち寄り下さい』という言葉を載せているのである。 
 

第六回文学フリマ落選とそよ風文芸食堂の結成

 出展するには文学作品を作らなければならない。そこで今まで書き溜めてきた小説を加筆・修正して同人誌を制作する事にする。しかしノウハウがないため、全てが手探り状態のまま制作を開始。それでも今までの様々な経験が活き、完成の見通しがたった。

 そしていよいよ第六回文学フリマの申し込みが始まる。将来的にメンバーが増える可能性も見越し、サークルとして文学フリマへ出展する事とした。この時点でのサークル名は『湯浅祥司とゆかいな仲間たち』だった。

 しかし同人誌制作が順調に進行する中、申し込んでいた第六回文学フリマが出展申込者殺到により抽選となり落選してしまう。

 出展を1年待たなければならないと思われたが、実験的に半年間隔で春の文学フリマ2008を開催するという案内が落選のお知らせと共に届く。しかも第六回文学フリマに落選したサークル(個人)は優先的に出展出来るとの事だった。それに申し込む事とし、初出展がようやく確定した。

 こうして同人誌の制作期間が半年延長された事により、サークル名を熟考する時間的余裕が生まれた。そこでかつて書いていた長編小説のタイトルから爽やかさのある『そよ風』の単語を借り、さらに文芸作品という料理を提供し、それによって心を満たしてほしいという願いを込め『そよ風文芸食堂』というサークル名になった。 

 

 第六回文学フリマ

 20071111日(日) 1116時 東京・千代田区(秋葉原)の東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1.2展示室にて開催。

 一般参加し、出展者の視点で他のサークルさんを観察。

 

 

 春の文学フリマ2008

 2008511日(日) 1116時 東京・千代田区(秋葉原)の東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1.2展示室にて開催。

 出展参加:ブース番号『A-68』 小説・その他
 

 『そよ風文芸食堂』として初出展。短編・掌編小説集『しあわせランチボックス・第一食』を発表。頒布数は大惨敗となったが、その経験から制作部数の見通しや読んでもらえる工夫などを考えるようになる。

 なお、情報新聞『そよ風通信』は全て配布する事が出来た。
 

【出版物(初版)】

短編・掌編小説集『しあわせランチボックス・第一食
そよ風通信・第1

 

 第七回文学フリマ

 2008119日(日) 1116時 東京・千代田区(秋葉原)の東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1.2展示室にて開催。

 出展申し込みをするも落選。そのため一般参加する。

 

第八回文学フリマ

 2009510日(日) 1116時 東京・大田区(京急蒲田)の大田区産業プラザPio 大展示ホールにて開催。

 第七回文学フリマに落選しているため、申し込めば優先的に出展出来る権利があった。しかし会場が変更になった事による出展料値上げ(4000円→4500円)に抗議する意味もあって出展を見送る。そのため一般参加する。

 

 

第九回文学フリマ

 2009126日(日) 1116時 東京・大田区(京急蒲田)の大田区産業プラザPio 大展示ホールにて開催。

 出展参加:ブース番号『C-7』 小説


 のちに主力シリーズとなる旅行記の第1作『ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな JR北海道乗りつぶし旅行記』を発表。予想以上に大好評となり、初版完売となる。

 参加者の皆様の交通費削減のヒントになればと思い、『文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド』を発表。
 

【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな JR北海道乗りつぶし旅行記
短編・掌編小説集『しあわせランチボックス・第二食
200912月版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド
200912月版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド【付録・地方版】
そよ風通信・第
2

 

 

第十回文学フリマ

 2010523日(日) 1116時 東京・大田区(京急蒲田)の大田区産業プラザPio 大展示ホールにて開催。

出展参加:ブース番号『N-6』 小説
 

 旅行記が好評だったためシリーズ化を決定。さらに複数冊購入者特典として、バス系旅行記『ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記』を試作し頒布。
 

【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 06!? 夜行快速旅行記
ちょっぴりエッチで
かな〜りおバカな番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記
2010年初夏版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド
そよ風通信・第
3

 

 

第十一回文学フリマ

 2010125日(日) 1117時 東京・大田区(京急蒲田)の大田区産業プラザPio 大展示ホール・小展示ホールにて開催。

 出展参加:ブース番号『O-18』 小説
 

 諸事情により旅行記の新刊3冊を同時に発表するという事態になってしまい、作業量が多くて死にそうになる。複数冊購入者特典として、ゲームブックを制作。
 

【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな お気楽散策!? 三陸旅行記
ちょっぴりエッチで
かな〜りおバカな ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記
ちょっぴりエッチで
かな〜りおバカな 臨時快速三本勝負! WEP(ウィークエンドパス)旅行記
特典〔懐かしのゲームブック〕
Vol.1 志津川探索の巻
そよ風通信・第
4

 

 

第十二回文学フリマ

 2011612日(日) 1117時 東京・大田区(京急蒲田)の大田区産業プラザPio 大展示ホール・小展示ホールにて開催。

 出展参加:ブース番号『G-5』 小説


 直前に東日本大震災が発生し、前年に訪れた三陸地域が壊滅的な被害を受ける。予定していた旅先も被災し、旅行記の内容を変更する事になる。また、こんな時こそ皆様に心温まる内容の作品をお届けしたいと思い、新シリーズ『ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの旅行記シリーズ』を制作する。

 『ことのは』さんが主催する『12回文学フリマ非公式スタンプラリー』に参加。他サークルさんの企画に参加するのは、これが初となる。
 

【出版物(初版)】

ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの 温故知新!! 秩父SL旅行記
2011
年初夏版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド(完全版/廉価版)
そよ風文芸食堂目録・1号車
特典〔懐かしのゲームブック〕
Vol.2 三峰口出発の巻
そよ風通信・第
5
 

【企画参加】

12回文学フリマ非公式スタンプラリー 『ことのは』さん主催

 

 

第十三回文学フリマ

 2011113日(木・祝) 1116時 東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『イ-35』 小説


 会場が変更になり出展料が上がる(4500円→5000円)。3日間で徒歩と都バスだけで東京23区役所全てと都庁へ行くというおバカな自虐旅を実施し、その旅行記を制作。交通至便な都区内で真夏に往復10qの徒歩をするなど、苦難の中にある快感に目覚める。


【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記
そよ風通信・第
6


【企画参加】

文学フリマお試し企画電子版 『相沢ナナコ』さん主催

 

 

ゆるい専門家ナイト5

 20111122日(火) 1930分〜2130分 東京・江東区(青海)のTOKYO CULTURE CULTURE(東京カルチャーカルチャー)にて開催。

 23区区役所旅行専門家として登壇。第十三回文学フリマで発表した徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記の関連で講演。


【出版物(初版)】

そよ風通信・号外

  

 

第十四回文学フリマ

 201256日(日) 1116時 東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『ウ-28』 ノンフィクション


 旅行記が主体となったため、ジャンルを小説からノンフィクションに変更。ただし、今後の状況により変更する可能性がある。

 新刊の旅行記制作のため冬の北東北へ旅立ったものの、暴風雪の影響により列車が遅延と運休の連続。結果、氷点下の屋外で大した防寒装備なしで野宿することになる。

 他サークルさんの企画に参加。


【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記
2012年初夏版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド(完全版/廉価版)
そよ風文芸食堂目録・2号車
特典〔懐かしのゲームブック〕
Vol.3 十和田南散策の巻
そよ風通信・第
7
そよ風文芸食堂目録の動画版(作品紹介動画コーナー参照)
 

【企画参加】

みんなの文学フリマ情報ウィキ 『ことのは』さん主催
幻想生物事典 『エンハンブレ企画』さん主催

 

 

第十五回文学フリマ

 20121118日(日) 1117時 東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『ウ-66』 ノンフィクション|旅行記


 今までの『ジャンル(大分類)+3つの任意のキーワード』という方式が撤廃され、あらかじめ指定された『ジャンル(大分類)+小分類』の中から選ぶ方式に変更となる。前回に引き続き、ジャンルはノンフィクションに。小分類は旅行記とする。

 発行した旅行記が通算十作目となる。皆様への感謝の気持ちを込め、特別編を制作。

 約三年ぶりに小説集の新刊を発行。

 新シリーズの試作版を複数冊購入者特典として頒布。


【出版物(初版)】

ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの 私鉄と路線バスで行く 15 渡船旅行記
ちょっぴりおバカで
かな〜りほのぼの 特別編 島村渡船フェスタ旅行記
2012年冬版 文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド(大阪対応版)
短編・掌編小説集
しあわせランチボックス・第三食
そよ風文芸食堂目録・3号車
そよ風通信・第
8
119文字で綴る小さな旅行記 Vol.0(試作版) お蔵入りエピソードの巻(複数冊購入者特典として頒布)
そよ風文芸食堂目録の動画版(作品紹介動画コーナー参照)


【企画参加】

第十五回文学フリマ 小説棚 『BLANK MAGAZINE』さん主催

 

 

第十六回文学フリマin大阪

 2013414日(日) 1116時  大阪・堺市(中百舌鳥)の堺市産業振興センター イベントホールにて開催。

 出展参加:ブース番号『E-54』 ノンフィクション|旅行記


 そよ風文芸食堂が初めて東京以外(大阪)で出展。そのため、限定的にサークル名称を『そよ風文芸食堂 大阪店』とした。会場の関係か、出展料は3000円だった。

 ラノベ・ゲームブック・旅ガイドが一体となった新シリーズ『トラベルゲームブック』を創刊。

 他サークルさんの合同誌『突撃!! 放課後オールスター』へ、小説『いつの間にか女装男子』を寄稿。

 
【出版物(初版)】

トラベルゲームブック ツンデレお嬢様と大きな財産
そよ風通信・第9
そよ風文芸食堂目録の動画版(作品紹介動画コーナー参照)


【企画参加】

突撃!! 放課後オールスター 『男一匹元気が出るディスコ』さん主催

 

 

第十七回文学フリマ

 2013114日(月・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『エ-18』 ノンフィクション|旅行記


 一年振りに東京での出展。出展料は従来通り5000円に戻る。また、一年半振りにエッチでおバカな旅行記シリーズの新刊を発行。

 ラノベ・ゲームブック・旅ガイドが一体となった『トラベルゲームブック』 を関東で初めて販売。両面刷りにするなど、仕様を変更した第二版第一刷を発行する。

 目録の紹介動画で、従来の出展物全てを紹介したもののほかに、新刊のみをピックアップしたものを制作。

 他サークルさんの企画『三題噺スタンプラリー』に参加。お題『雪・観覧車・珈琲』の掌編小説『 サイフォン』を無料配布。

 
【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 大和八木〜新宮167q! 日本最長路線バス旅行記
そよ風通信・第10
そよ風文芸食堂目録・4号車
そよ風文芸食堂目録の動画版および新刊紹介動画(作品紹介動画コーナー参照)


【企画参加】

三題噺スタンプラリー 『ばるけん』さん主催

 

 

第十八回文学フリマ

 201455日(月・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『エ-38』 ノンフィクション|旅行記


 直前の4月1日より消費税が8%へ増税。それにより制作コスト増となるが、とりあえず今回は全ての出版物の価格を据え置くことに。

 制作スケジュールの関係や諸事情により、他サークルさんへの企画参加(作品提供)は見送った。

 

【出版物(初版)】

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 誌上最小! アメリカ横断ウルトラ旅行記
そよ風通信・第11
そよ風文芸食堂目録・5号車
そよ風文芸食堂目録の動画版および新刊紹介動画(作品紹介動画コーナー参照)

 

 

第19回島村渡船フェスタ

 2014518日(日) 9時〜14時  群馬・伊勢崎市(境島村)の利根川河川敷にて開催。

 1都5県渡船旅行記および島村渡船フェスタ旅行記でお世話になった皆様と再会。一般参加(3年連続3回目)した。なお、旅行記で特集した『田島弥平旧宅』が2014年6月21日に世界遺産『富岡製糸場と絹産業遺産群』の構成資産として登録された。

 そよ風通信・号外を無料配布。そよ風通信として は初のフルカラー版を制作。また、同じレイアウトでモノクロ版も制作した。2パターンの新聞の同時制作も初となる。


【出版物(初版)】

そよ風通信・号外(フルカラー版/モノクロ版)

 

 

雑誌への掲載(超越大陸)

 2014625日(水)発売の『ラジオライフ7月号(三才ブックス刊)』にて、ライターの北尾トロさんが究極の趣味人を紹介する『超越大陸』というコーナーで、文学フリママニアとして湯浅祥司と『そよ風文芸食堂』が取り上げられる。

 

 

第十九回文学フリマ

 20141124日(月・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『エ-54』 ノンフィクション|旅行記


  旅行記の容量などにより、新刊を3種類同時制作することになった。初めて分冊という形式を採用。また、同時進行していた別の創作物の関係もあって時間が足りなくなり、動画制作は見送ることとなった。

 他サークルさんの合同誌『史上最大! ぜんまい仕掛けの流星フェスティバル』へ参加。短編小説『まぼろしの美少女を追え』を寄稿した。

 

【出版物(初版)】 

ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの 東京21区81路線! コミュニティバス旅行記 〜全区循環(総合版)〜
ちょっぴりおバカで
かな〜りほのぼの 東京21区81路線! コミュニティバス旅行記 〜北東方面行き〜
ちょっぴりおバカで
かな〜りほのぼの 東京21区81路線! コミュニティバス旅行記 〜南西方面行き〜
そよ風通信・第12
東京特別区 コミュニティバス路線図

 

【企画参加】

史上最大! ぜんまい仕掛けの流星フェスティバル 『男一匹元気が出るディスコ』さん主催

 

 

『ニュース記事への掲載(Excite Bit コネタ)

 20141222日(月)付けのニュース『Excite Bit コネタ』にて、ライターの やきそばかおるさんによる取材記事が掲載。第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』と湯浅祥司が取り上げられる。

 記事へのリンク先はこちら

 

 

『ラジオ番組出演(福井謙二のグッモニ)

 2015114日(水)、文化放送(AMラジオ)で月〜金曜日の7時00分〜8時59分に放送されている『福井謙二のグッモニ』内のコーナー『グッモニ文化部 エンタメいまのうち(8時20〜30分の約10分)』に出演。第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』と湯浅祥司が取り上げられる。

 内容詳細のリンク先はこちら

 

 

『ニュース記事への掲載(みんなの経済新聞・みんなの小ネタ)

 201553日(日)付けのニュース『みんなの経済新聞・みんなの小ネタ』にて、ライターのやきそばかおるさんによる取材記事が掲載。『私鉄と路線バスで行く 1都5県渡船旅行記』が取り上げられる。

 記事へのリンク先はこちら

 

 

第二十回文学フリマ東京

 201554日(月・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『エ-31』 ノンフィクション|旅行記


  文学フリマの地方開催が大阪・金沢・福岡・東北と拡大したため、従来の『文学フリマ』も名称に地域名『東京』が付くこととなった。

 会場などに変化はないが、出展料が上がる(5000円→5500円)。他のイベントとの差額が小さくなり、今後の展開を注視していく必要が出てきた。

 他サークルさんの企画参加は見送る。

 

【出版物(初版)】 

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな 関東3都県モノレール旅行記
そよ風通信・第13
そよ風文芸食堂目録・6号車
特典〔懐かしのゲームブック〕
Vol.4 湘南江の島散策の巻
そよ風文芸食堂目録の動画版および新刊紹介動画(作品紹介動画コーナー参照) 

 

 

『ラジオ番組出演(くにまるジャパン)

 201564日(木)、文化放送(AMラジオ)で月〜金曜日の9時00分〜12時59分に放送されている『くにまるジャパン』内のコーナー『ディスカバー・ジャパン おもしろ人間国宝(10時05〜25分の約20分)』に出演。湯浅祥司と第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』 など数種類の旅行記が取り上げられる。

 内容詳細のリンク先はこちら

 

 

『新聞記事への掲載(東京新聞・TOKYO発)

 20157月14日(火)付けの 東京新聞(一般紙)内の『TOKYO発』(30面)にて、記者の石原真樹さんによる取材記事が掲載。第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』と湯浅祥司が取り上げられる。

 記事へのリンク先はこちら

 

 

『テレビ番組出演(なないろ日和)

 2015831日(月)、テレビ東京で月〜木曜日の平日・9時28分〜10時59分に放送されている『なないろ日和』内のコーナー『なないろツアー』に出演。荒川区コミュニティバス『汐入さくら』を使った旅の案内役をした。

 ご案内させていただいたのは、タレントのドロンズ石本さん。

 また、第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』 が紹介される。

 内容詳細のリンク先はこちら

 

 

『テレビ番組出演(なないろ日和/2回目)

 20151015日(木)、テレビ東京で月〜木曜日の平日・9時28分〜10時59分に放送されている『なないろ日和』内のコーナー『なないろツアー』に出演。中央区コミュニティバス『江戸バス(南循環/北循環)』を使った旅の案内役をした。

 ご案内させていただいたのは、タレントのドロンズ石本さん。

 また、第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』などが紹介される。

 内容詳細のリンク先はこちら

 

 

『ラジオ番組出演(E-ne!)

 20151020日(火)、FMヨコハマ(FMラジオ)で月〜金曜日の12時00分〜15時59分に放送されている『E-ne!』に出演。湯浅祥司と第十九回文学フリマにて発行した『東京21区81路線!コミュニティバス旅行記』 など数種類の旅行記が取り上げられる。

 鎌倉地域のバス旅や神奈川県内の旅についてお話をさせていただいた。

 内容詳細のリンク先はこちら

 

 

第二十一回文学フリマ東京

 20151123日(月・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催 。

 出展参加:ブース番号『オ-16』 ノンフィクション|旅行記

 

 文学フリマでは投稿サイト『E☆エブリスタ』で『立ち読みカタログ』というコラボ企画などを行なった。また、『創作支援キャンペーン』という企画もあり、多くの投票を集めた人に賞金や参加費の補助が出た。

 今回も旅行記の容量が多くなったため、総合版と前編・後編の分冊版を制作。スケジュールに余裕がなくなったため、宣伝動画などは制作を見送った。

 他サークルさんの企画参加は見送る。

 

【出版物(初版)】 

ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの 私鉄と路線バスで行く 32署59か所 都区内駐在所旅行記 総合版
ちょっぴりおバカで
かな〜りほのぼの 私鉄と路線バスで行く 32署59か所 都区内駐在所旅行記 前編
ちょっぴりおバカで
かな〜りほのぼの 私鉄と路線バスで行く 32署59か所 都区内駐在所旅行記 後編
都区内駐在所地図

 

第二十二回文学フリマ東京

 201651日(日) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第一展示場にて開催。

 出展参加:ブース番号『ソ-26』 ノンフィクション|旅行記

 

 会場が第二展示場から第一展示場へ変更。これにより全てのブースがひとつのフロアに配置される。

 既刊数種類を絶版し、頒布するものを絞る。その中で小説系の作品数が減ったため、旅行記以外の新刊制作を考え始める。

 他サークルさんの企画参加は見送る。

 

【出版物(初版)】 

ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな たまたま? たまに! 多摩地域都バス旅行記
そよ風通信・第14

 

第二十三回文学フリマ東京

 20161123日(水・祝) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『オ-15』 ノンフィクション|旅行記

 

 会場が第一展示場から第二展示場へ変更。再びフロアがふたつに別れる。

 他サークルさんの企画参加は見送る。

 

【出版物(初版)】 

東京 北多摩 16市70路線! コミュニティバス旅行記 〜全市循環(総合版)〜
東京 北多摩 16市70路線! コミュニティバス旅行記 〜南東ルート〜
東京 北多摩 16市70路線! コミュニティバス旅行記 〜北西ルート〜
東京北多摩コミュニティバス路線図
東京特別区&北多摩コミュニティバス路線図

 

第二十四回文学フリマ東京

 201757日(日) 1117時  東京・大田区(平和島)の東京流通センター 第二展示場(EFホール)にて開催。

 出展参加:ブース番号『オ-11』 ノンフィクション|旅行記

 

 前回に引き続き、会場は第二展示場となる。4年振りにトラベルゲームブックの新刊を発行&旅行記がお休みとなる。
 今回から情報新聞『そよ風通信』は不定期発行となる。

 他サークルさんの企画参加は見送る。

 

【出版物(初版)】 

トラベルゲームブック『ヤンデレ彼女の追跡(ストーキング)大作戦』

 

『コミックマーケット92

 2017812日(土) 1016時  東京・江東区(有明)の東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて開催。

 出展参加:ブース番号『土曜日(2日目)東 ヘ-09b』 611/鉄道・旅行・メカミリ

 

  文学フリマ以外のイベントに初出展。今まで日程の関係で文学フリマに参加できなかった皆様を始め、たくさんの皆様へ旅行記やゲームブック、小説を頒布する目的で出展参加する。

 

【出版物(初版)】 

なし(ただし、コミックマーケットには初出展のため、頒布した出版物は全て新刊扱い)

 

 

 


【他サークルさんの企画への参加一覧】
 

 お声がかからないということもあるが、自発的に参加をする場合であっても作業時間の関係であまり多くに参加出来ないのが実情。なるべく色々と参加したいと思っているのだが……。


・第
12回文学フリマ非公式スタンプラリー(第十二回文学フリマ) 『ことのは』さん主催

・文学フリマお試し企画電子版(第十三回文学フリマ) 『相沢ナナコ』さん主催

・みんなの文学フリマ情報ウィキ(第十四回文学フリマ) 『ことのは』さん主催

・幻想生物事典(第十四回文学フリマ) 『エンハンブレ企画』さん主催

・第十五回文学フリマ 小説棚(第十五回文学フリマ) 『BLANK MAGAZINE』さん主催

・創作文芸 見本誌会場 Happy Reading(イベント外) 『doncha.net』さん主催

・突撃!! 放課後オールスター(第十六回文学フリマほか) 『男一匹元気が出るディスコ』さん主催

  寄稿作品名『いつの間にか女装男子』

・イベント新刊情報(第十七回文学フリマ) 『クロヒス諸房』さん主催

・本のWEBラジオ 最初のブックエンド(第十七回文学フリマ) 『最初のブックエンド』さん主催

・三題噺スタンプラリー(第十七回文学フリマ) 『ばるけん』さん主催

  配布作品名『サイフォン』

・史上最大! ぜんまい仕掛けの流星フェスティバル(第十九回文学フリマ)
 『男一匹元気が出るディスコ』さん主催

  寄稿作品名『まぼろしの美少女を追え』

 

 

 

その他、制作上のエピソードなど】

毎回、最初のお客さんには特別サービスを実施している。

購入者の方には先着でポストカードまたは短編小説を進呈。

立ち読み、雑談、冷やかし大歓迎! その理由はそよ風文芸食堂設立の経緯(文学フリマとの出会い、そして出展を決意した理由)を参照。

絶版した出版物であっても、リクエストがあれば制作する。

通信販売はおこなっていない。ただし、公式サイト(本店・支店)やメールなどで連絡をすれば予約(取り置き)は出来る(会場での手渡し)。

文学フリマで使用している什器は、厚紙製の手作り。いつも早めに会場へ到着し、入口の前で組み立てている。周りから向けられる奇異の視線が実は気持ちいい。

什器の組み立て時間短縮のため、第十五回文学フリマから既製品を改造したものに変更した。実はこの変更には他にも理由があって……。

第十三回文学フリマから会場となった東京流通センターへ行く際には、東京モノレールや京浜急行バスではない交通機関を利用する。