臨時快速三本勝負! WEP(ウィークエンドパス)旅行記


ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズ / ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの旅行記シリーズ
文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイドシリーズ / 短編・掌編小説集 しあわせランチボックスシリーズ
特典〔懐かしのゲームブック〕シリーズ / トラベルゲームブックシリーズ / 情報新聞 そよ風通信
そよ風文芸食堂目録シリーズ / 東京特別区 コミュニティバス路線図 / 都区内駐在所地図
東京北多摩コミュニティバス路線図 / 東京特別区&北多摩コミュニティバス路線図
119文字で綴る小さな旅行記シリーズ
出版物表紙一覧 / 旅のフォトアルバム / イラストコーナー / 作品紹介動画コーナー / リンク集 / そよ風文芸食堂の歴史
本店メニュー / 立ち読みコーナー(一覧) / ホーム

 

JR北海道 乗りつぶし旅行記 / 0泊6日!? 夜行快速旅行記 / 番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記
お気楽散策!? 三陸旅行記 / ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記 / 臨時快速三本勝負! WEP(ウィークエンドパス)旅行記
徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記 / 凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記

大和八木〜新宮167q! 日本最長路線バス旅行記 / 誌上最小! アメリカ横断ウルトラ旅行記 / 関東3都県 モノレール旅行記
たまたま? たまに! 多摩地域 都バス旅行記


【概要】

 ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズの第5作(番外編を含め、旅行記全体では6作目)。

 鉄道やバスの乗りつぶしではなく、特定の乗車券(ウィークエンドパス)を使用して旅をするという『企画モノ』の旅行記の基礎となった作品。

 観光車輌を利用しつつ、特定の地域(商業誌ではあまり特集されない地域)にスポットを当てた『観光を主体とする内容』になっている。

 キャッチコピーは『渋いチョイスが いいんですっ!』。

サイズ

A5版

書式

左開き・横書き

フルカラー

ページ数

58ページ

価格

700円

著作

湯浅 祥司

協力

水車 渓谷、N.Y.S

編集人

湯浅 祥司

発行人

湯浅 祥司

発行所

そよ風文芸食堂

初版発行日
(イベント名)

2010年12月5日
(第十一回文学フリマ)

【あらすじ

 今まで制作してきた旅行記はJRやバスの乗りつぶしが主体。しかし乗りつぶし系である以上、どうしても鉄道やバスの情報の割合が高くなってしまう。そこで旅ファン向けに、観光情報主体の旅行記を制作しようと計画した。

 旅で使用する列車は観光車輌を使用した臨時快速を選び、観光するのは商業誌があまり特集しないような地域(新庄・余目・弥彦・柏崎)とした。

 ――その各地では、相変わらず様々な出会いとトラブルの連続。そして旅の最後には、偶然にも『ある有名人』が登場する事に!

発行履歴】

 

初版第一刷

2010年12月5日(第十一回文学フリマ)

 
       
 

収録内容】

詳細については各項目を参照。

旅をした日:2010731日、81日(計2日間)

〈主な旅先〉
山形県新庄市・最上公園など▼山形県東田川郡庄内町(余目)・払田の地蔵の松など▼新潟県西蒲原郡弥彦村・弥彦山など▼新潟県柏崎市・国道
8号線沿線(鯨波駅〜青海川駅)など▼臨時快速列車〔リゾートみのり〕〔きらきらうえつ〕〔マリンブルーくじらなみ号〕

 

序章・観光情報を充実させてみよう

第1章・朝から晩まで、楽しい人たちと遭遇

第2章・炎天下の徒歩移動!

終章・想い出の一部に……

付録(雑学をやさしく解説したコーナー)

 



立ち読みコーナーは

こちらをクリック

 

 

『序章観光情報を充実させてみよう

 今までの旅行記は鉄道やバスの乗りつぶし系だった。今度は観光情報が主体の旅行記を制作しようと計画をする。使用する切符は、通年販売で週末に利用可能な『ウィークエンドパス』。さらに乗車する列車も観光車輌を使用したものとする事にした。

 特集するのは、商業誌があまり取り上げない新庄・余目・弥彦・柏崎など。同人誌だからこそ出来る、それらの地域をチョイスした。

 
 

 

『第1章朝から晩まで、楽しい人たちと遭遇

 新幹線の車内で目撃した著名な画伯。その正体を推理した結果、意外な結論に至る事となる。仙台から乗る観光列車〔リゾートみのり〕では、なんと車輌にトラブルが! 余目では天然記念物の松や『食べる調味料』の情報を紹介。

 ――そして夜の新潟では、殺人の容疑者と元鑑識の探偵が対決する……!?

 
 

 

『第2章・炎天下の徒歩移動!』

 柏崎では猛烈な熱風が包み込む真夏の国道を徒歩移動するという、自虐プレイを決行! しかももし時間がかかりすぎると列車に乗り遅れてしまう。制限時間以内に目的地の青海川駅へ辿り着けるか?

 
 

 

『終章想い出の一部に……

 内容はヒミツです。実際に読んでみてくださいっ!

 
 

 

『付録(雑学をやさしく解説したコーナー)

 本文中の付録コーナーでは、以下の用語をやさしく解説している。

お気楽散策!? 三陸旅行記ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記▼せつなさ炸裂▼ウィークエンドパス▼特別企画乗車券▼土・日きっぷ▼安・近・短▼き・ら・き・ら みちのく▼普通〔うみねこ〕▼快速〔リゾートしらかみ〕▼SL快速〔SLばんえつ物語〕▼快速〔きらきらうえつ〕▼快速〔リゾートみのり〕▼こがね▼ジョイフルトレイン▼快速〔マリンブルーくじらなみ号〕▼南東北・新潟地区 JR路線図▼チラリズム▼立席特急券▼山下清▼恐山とイタコ▼旅の女神様▼ツンデレ▼最上公園▼最上川の舟下り▼払田の地蔵の松▼しょうゆの実▼新潟交通バス 時刻表 新潟駅前→朱鷺メッセ▼朱鷺メッセ▼新潟交通バス 時刻表 朱鷺メッセ→新潟駅前▼佐渡汽船▼3番目の瞳▼萬代橋▼731日の行程▼弥彦山ロープウェイ▼トレーディングカード(トレカ)▼越後柏崎観光バス 時刻表▼JR北海道乗りつぶし旅行記▼福浦八景▼運転停車▼831日の行程▼奥付

 

その他、制作上のエピソードなど】

新潟に宿泊中、テレビのニュースで岩泉線が土砂崩れで不通となった事を知る。岩泉線はこの旅の数日後にお気楽散策!? 三陸旅行記の取材で行く予定だった。

この時に宿泊した新潟のホテルは、旅を終えて数か月後に廃業してしまった。もしずっと営業していれば、凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記の時にそこへ泊まり、氷点下の屋外で野宿する事はなかったかもしれない。

初版発行の際、諸事情により旅行記の新刊3冊を同時に出版という事態になってしまった。そのため、過密な作業スケジュールにより死にそうになった。以来、旅行記の複数冊出版は絶対にしないと心に誓う。でも『喉元過ぎれば熱さを忘れる』という言葉も……。

第十一回文学フリマで初版を同時出版した3冊の旅行記を、筆者は『三部作』と呼んでいる。