番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記


ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズ / ちょっぴりおバカで かな〜りほのぼの旅行記シリーズ
文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイドシリーズ / 短編・掌編小説集 しあわせランチボックスシリーズ
特典〔懐かしのゲームブック〕シリーズ / トラベルゲームブックシリーズ / 情報新聞 そよ風通信
そよ風文芸食堂目録シリーズ / 東京特別区 コミュニティバス路線図 / 都区内駐在所地図
東京北多摩コミュニティバス路線図 / 東京特別区&北多摩コミュニティバス路線図
119文字で綴る小さな旅行記シリーズ
出版物表紙一覧 / 旅のフォトアルバム / イラストコーナー / 作品紹介動画コーナー / リンク集 / そよ風文芸食堂の歴史
本店メニュー / 立ち読みコーナー(一覧) / ホーム

 

JR北海道 乗りつぶし旅行記 / 0泊6日!? 夜行快速旅行記 / 番外編 東京23区都営バス 東西南北縦横旅行記
お気楽散策!? 三陸旅行記 / ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記 / 臨時快速三本勝負! WEP(ウィークエンドパス)旅行記
徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記 / 凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記

大和八木〜新宮167q! 日本最長路線バス旅行記 / 誌上最小! アメリカ横断ウルトラ旅行記 / 関東3都県 モノレール旅行記
たまたま? たまに! 多摩地域 都バス旅行記


【概要】

 ちょっぴりエッチで かな〜りおバカな旅行記シリーズの番外編。そのため、シリーズの正式ナンバーは付けられていない(旅行記全体では3作目)。

 元々は複数冊購入者特典として配布するため、制作が企画された。現在、複数冊購入者特典は特典〔懐かしのゲームブック〕に役割を譲っている。

 また、本作はバス系旅行記の試作品としての役割も担っていた。その結果、のちにぐるり環七&多摩 路線バス旅行記徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記などの路線バスを主体とした旅行記が制作される事となる。

 キャッチコピーは『移動するだけの旅が、あってもいいじゃん?』。

サイズ

A5版

書式

左開き・横書き

フルカラー

ページ数

12ページ

価格

200円
(初版発行時には複数冊購入者へ特典として無料配布)

著作

湯浅 祥司

協力

水車 渓谷、N.Y.S

編集人

湯浅 祥司

発行人

湯浅 祥司

発行所

そよ風文芸食堂

初版発行日
(イベント名)

2010年5月23日
(第十回文学フリマ)
     

【あらすじ

 旅行記が2作品、小説2作品、文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイドなどが出版され、作品のラインナップが増えてきた。

「もしかしたら、複数冊をお買い上げ頂く方もいらっしゃるだろう。それならささやかな御礼として、特典を付けようじゃないか!」

 ――こうして『小旅行記』の制作が決定した。

発行履歴】  

 

初版第一刷

2010年5月23日(第十回文学フリマ)

 
 

初版第二刷

2010年12月5日(第十一回文学フリマ)

 
 

初版第三刷

2011年6月12日(第十二回文学フリマ)

 
 

初版第四刷

2011年11月3日(第十三回文学フリマ)

 
 

第二版第一刷

2012年5月6日(第十四回文学フリマ)

本文を大幅修正
  第二版第二刷 2012年11月18日(第十五回文学フリマ)  
       
 

収録内容】

詳細については各項目を参照。

旅をした日:20104310日(計2日間)

〈主な旅先〉
東京都特別区(
23区)全域

 

序章・購入者特典を作ってみようかな

東西編・小旅行記なんですけど、意外に色々と……

南北編・今回はホントに何もないです!

終章・たまには焦らしちゃうもんっ♪

 


立ち読みコーナーは

こちらをクリック

 

 

『序章購入者特典を作ってみようかな

 作品ラインナップが増えてきた事により、複数冊購入者向けに特典を制作する事にした。いくつかの企画が思い浮かぶ中で、最終的に決定したのがバスを利用した『移動するだけの旅行記』だった。ただし、それにはいくつかのルール(縛り)があって……。

 
 

 

『東西編小旅行記なんですけど、意外に色々と……』

 都区内の都営バス最東端バス停である篠崎駅前をスタートし、都営バスを乗り継いで大泉学園駅前を目指す。その旅では個性豊かな人たちとの出会いが待っていた。

 
 

 

『南北編・今回はホントに何もないです!

 最北端の見沼代親水公園駅前から最南端の大田市場へ。ほんの僅かな縁の交わりが、素敵な運命を引き寄せる。そんな想いが、ふと頭の中に浮かぶのだった。

 
 

 

『終章たまには焦らしちゃうもんっ♪

 内容はヒミツです。実際に読んでみてくださいっ!

 
 

 

その他、制作上のエピソードなど】

付録(用語をやさしく解説したコーナー)や旅行記内掌編小説は収録されていない。

試作品のため、当初は増刷する予定がなかった。しかし立ち読み用としてブースに置いていると毎回好評だったため、絶版を免れて現在に至っている。

終章に記載されている2つの『バス旅行記の企画』とは、環七通り一周&都営バス最長路線(ぐるり環七&多摩 路線バス旅行記で実施した旅)の事である。